ワークバランス支援ならハピカジへ
ヴァンテージポイント株式会社
03-6230-9177

家事代行・家政婦

家事代行について

①家事代行サービスとは???
家事代行サービスとは、文字通り自宅の「家事」を他人に「代行」してもらうサービスのことを指します。家事代行サービスでは、普段から私たちが行っている家事のほとんどを依頼することが可能です。
具体的には、部屋の片づけや掃除機がけ、食器洗い、キッチンやお風呂、洗面所、トイレなど水回りの清掃、バルコニーの清掃、洗濯、アイロンがけ、たたみもの、窓ふき、靴磨き、庭の掃除、日用品の買い物、料理の作り置き、郵便物の受け取りにいたるまで本当に様々なことが依頼可能です。

②家事代行とハウスクリーニングの違い
家事代行サービスと聞いたときによく混同されがちなのが「ハウスクリーニング」です。しかし、実際にはサービス内容は異なります。家事代行サービスはあくまで日常的な「家事」の代行となりますので、依頼できる範囲も掃除や洗濯、料理といった誰もが毎日のように行っている「家事」に限定されます。そのため、家事に利用する掃除用具や洗剤なども基本的にはお客様のご自宅にあるものを使用してお掃除をさせて頂きます。
一方で「ハウスクリーニング」と呼ばれる作業は、クリーニングの専門技術を持つスタッフが、専用の機材や洗剤などを使用して、エアコンや換気扇の内部、洗濯機の内側、室外機など、普段の日常的な家事では掃除しない箇所をプロの技術で徹底的に洗浄・クリーニングしてもらうサービスのことを指します。ハウスクリーニングで使用する洗剤は強力なもので一般家庭には置いていないため、スタッフが持参します。また、通常の家事よりも専門性が高く、技術力が求められる作業なので、家事代行よりも費用はかかります。

③家事代行サービスと「家政婦」の違い
家事代行サービスと「家政婦」についても混同されることがよくありますが、両者の一番の違いは雇用形態にあります。家政婦に家事をお願いする場合は、家政婦紹介所などを通じて紹介を受けるのが一般的ですが、家政婦の場合は自身と直接契約を結ぶ必要があります。そのため、家政婦との相性が合わなかった場合には契約解除なども含めて家政婦の方と直接交渉する必要があるほか、万が一物損などのトラブルが発生した場合にも当事者同士で解決する必要があります。
一方で家事代行サービスを利用する場合には、家事代行サービス会社から派遣されるスタッフは依頼主ではなく会社と雇用契約を結んでいます。スタッフ採用の段階で一定の基準を設けているため、派遣されてくるスタッフも信頼しやすく、仮にスタッフとの相性が合わなかったとしても、会社側にその旨を伝えればスタッフ交替などに対応してもらえるため、雇用上のトラブルが発生することはありません。また、損害賠償保険に加入しているため、万が一家事作業中に物損事故などが発生しても、しっかりと補償を受けることができます。

④家事代行サービスで依頼できること・できないこと
家事代行サービスとハウスクリーニングの違いについては理解していただけたかと思いますが、実際には家事代行サービスではどこまでの作業を依頼することが可能なのでしょうか。線引きのポイントは、あくまでそれが「日常的な家事」の範囲内かどうかという点です。
そのため、一般的な家事の範囲を超えており、専門性が求められる作業についてはサービスの対象外となります。例えば、介護や介助、自宅での医療行為、身体に触れるサービス、家具の組み立てなど危険を伴う作業、重い家具や荷物の運搬、ペットの散歩(ペットの餌やりなどの世話については対応可能)、子供の勉強の面倒などがそれにあたります。

⑤家事代行を利用するメリット
家事代行サービスの利用者から聞くことが多い、家事代行サービスを利用する代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。
・日々の生活にゆとりができる
・精神的なストレスが減る
・プライベートが充実させられる
・をまるまる有効に活用できる
・清掃のクオリティが高いので自宅が快適になる
・ベッドメイキングをしてくれるので気持ちよく眠れる
・常に部屋を綺麗に保つことができる

⑥ 「スポット」と「定期」。選べる家事代行サービスの使い方
一般的に、家事代行サービスでは一回きりのみ単発で依頼を行う「スポット」と、毎週や隔週などで定期的に家事を依頼する「定期」という2つのパターンからサービスを利用することができます。初めは「お試しプラン」や「スポット」で試してみて、気に入れば「定期」で申込むという方も多くいます。時間あたりの単価で考えると定期プランのほうが得になりますが、「急に来客が決まったけど部屋を片付ける時間がない」「この週末だけは家族で旅行に行くので家事を依頼したい」といったスポットのニーズにも応えてくれるのが家事代行サービスの魅力です。